ホーム>スタッフブログ>エコルスタはり・きゅう整骨院のブログ

エコルスタはり・きゅう整骨院のブログ

膝とエコー画像

おはようございます。
今日は成人の日ですね。
新成人の方々、おめでとうございます(^_^)

天気も良くて、お祝いの日日和ですね。
楽しんで下さい(^_^)


さて、今日はこんなお話をしたいと思います。

膝の痛みで来院された患者さんのお話です。
レントゲンでは異常がないと他院で言われて
痛みが取らないため来院されました。


膝蓋腱と呼ばれる膝の前側の痛みでしたが、
患側と健側を比べると腫れが見られました。

損傷度合いを確認するため、
エコーの画像も取らせていただきました。
エコー画像で具体的にどの部分に炎症があり
腫れている箇所の確認もすることが出来ました。

膝蓋腱の炎症から、
膝のお皿の関節の動きも悪くなっていたため
そこの動きを出すことと
炎症を引かせる物療機器で
現在治療中です。

更に、膝の関節に負担がかからない体重のかけかたを
指導させていただきました。
痛みがもっと引いてきたら、スポーツ動作に近い形で
体重のかけ方を修正して行く予定です。


エコルスタ整骨院では、
エコーの画像で損傷度合いを見ることや
骨に異常がないかを確認することが出来ます。

また痛みが出ている理由が
どこが原因しているのかを考えながら
その部分の改善もさせていただいております。


痛みが中々引かない
繰り返してしまう
そんなことがありましたら、
是非当院にご来院下さい。
お待ちしております(^_^)

最後までお読みいただき
ありがとうございます。
水谷真梨でした。


2019114102128.jpeg


2018 御礼

本年も皆様には大変熱い支援を賜りまして、
誠にありがとうございました。

私のトレーナー業務により不在などで、
ご迷惑や不手際など多々お掛けする事もあったと思いますが、
スタッフ一同より良くなる様、改善し、
大変ご満足頂ける様なサービスを提供していきたいと思います

また、私はもっともっと勉強し、練習して、
皆様へ施術や知識も提供できる様、
来年も更に頑張りますので、
どうか2019年も何卒、ご支援、ご愛顧の程
宜しくお願い申し上げます。

皆様にとって2019年も輝ける
飛躍の年に年なります様
お祈り申し上げます。 

2018年12月31日 
エコルスタはり・きゅう整骨院
代表 多田 哲郎 

2018年感謝.jpg

新年のエコルスタ整骨院は.jpeg

本年も大変お世話になりました


おはようございます。
昨日29日を持ちまして、
2018年の業務を終了致しました。


皆さま、大変お世話になりました。

2019年も、
患者様お一人お一人に合った施術方法や
痛みの出にくい身体を正しく使うということを
更に追求していきたいと思います。

何卒、宜しくお願い致します。(^_^)

新年は1月5日(土)から
受付再開致します。
年末年始、ゆっくり休める方
変わらずお仕事がある方
帰省される方
様々だと思いますが、
体調を崩さぬようお気をつけください。


そしてまたエコルスタで
お会いしましょう(^_^)

最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。
水谷真梨でした。


2018123093912.jpeg

痛みと痺れ


こんにちは。
クリスマスがやってきますね。
皆さんはイルミネーション、
お好きですか?
私は、、、、、
大好きです!笑
キラキラしてて毎年この時期が来るのが
すごく嬉しいです(^_^)

さて、今日はこんなお話をしたいと
思います。


足の痺れと痛みが強く当院を来院された
患者さんのお話です。
皆さんもよく耳にしたことがある坐骨神経。
その坐骨神経の通る範囲に痛みと痺れが出ていた
患者さんですが、
坐骨神経痛というワードを聞いた事がある方
いらっしゃると思いますが
その痛みはどこが原因で出ているのか
考えたことはありますか?


この患者さんの場合は
お尻の筋肉部分で坐骨神経を圧迫して
痛みと痺れが出ている状態でした。


患側と健側を比べると
患側側は、お尻の筋肉が上手く使えておらず
後ろ側+外側に体重をかけてる割合が
多かったです。


圧迫を起こしている部分や
痛みをかばって、硬くなっている筋肉を
柔らかくするのはもちろんですが、
そもそも痛みの出にくい身体にするのは
どうするのが良いのか
どの動きを改善して
どんな姿勢の取り方をすればいいのか
そのためにはどこに力を入れて
また過度に力の入っている場所は
力を抜く練習をしなければいけません。


当院ではそういったことを
一緒に改善することを
やっていきます。

この患者さんの場合は、
超音波機器とテーピングを使用して
圧迫部分の筋肉、神経の循環を良くすること
テーピングでは、
筋肉のサポートと、痛みが出にくいように
誘導させていただきました。


身体の使い方は
一瞬で変わるものではありませんが
意識をすることによって
改善が見られます。
最初は慣れない動きのため
大変な部分もありますが、
一緒に怪我の出にくい身体作りを
していきましょう。

最後までお読みいただき
ありがとうございます。
皆様、良い休日をお過ごしください。

水谷真梨でした。


20181222145141.jpeg

不調


おはようございます。
かなり寒くなりましたね。
12月に入って、月日が経つのがますます
早く感じます。
今年も残すところ後半月です!
皆様無理をし過ぎないようにして、休める時は
しっかり休んでください(^_^)


さて、今日はこんなお話をしたいと
思います。

ここ数日気温がぐっと冷えてきて、
寝違え症状を訴える方が増えています。

先日いらっしゃった方は、
首の痛みから、筋肉が硬く固まった状態になり
肩甲骨の高さを変えてしまい
背中の筋肉にも痛みが出ていました。

そうなると、首の動きはもちろん
痛みが出てしまいますが
肩甲骨の高さの違いから、
肩の動きにも制限がありました。
(肩の動きには、肩甲上腕リズムと呼ばれるものがあり
腕を上げてくるときには必ず肩甲骨の動きが必要になります。)

この患者さんには、
硬くなってる筋肉へのアプローチと
肩甲骨の高さの改善と
肩関節の制限を取ることを
やらせていただきました(^_^)
更に自宅での動かし方や、
姿勢の作り方の指導もさせていただきました。

寝違えてしまった!
寝違えかもしれない!
そんな痛みが出たときには、
当院に是非ご来院ください。

痛みが出てそのままにしていると
身体は無意識に痛みが出ないように
別のところを使って補うことがあります。

そうなれば、痛みの出ない使い方をし
更に別の部分に負担をかけて
新たな痛みに繋がることもあります。


今年の年末年始は、
休みが長い方も多いかと思います。
休みを思い切り満喫するためにも
不調は早めに対策しましょう(^_^)
最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
水谷真梨でした。


20181216111944.jpeg

関節の衝突


こんにちは。
先日こんなことがありました。


捻挫をしたわけでもないけれど
急に足に痛みがでた。と言って来院された
患者さんのお話です。


足をつかなければ痛みはなく
よくよく足をみさせていただくと、
数ヶ月前に捻挫をしたとのことで
健側と患側を比べると
足首の動きが患側は全然動いていませんでした。


更に体重をかけると、
足首を痛めてから外側に負担をかけないように
無意識にかばい続けて、
内側に体重がかかっていました。

内側に体重をかけることで、
外側の関節が衝突をおこし
更に筋肉にも負荷がかかり
痛みが出ている状態だったので、
負荷がかからないような
筋肉の使い方を指導させていただき、
テーピングで誘導することにしました。


今後使うことを忘れてしまった筋肉の
使い方の再指導や、
使えてきたら徐々に負荷をあげていこうと
思います!


関節や筋肉に痛みが出るには
理由があることがほとんどです。
気がつかないうちに負荷をかけて
痛みに繋がることもあります。

おかしいなと思ったら
是非一度ご来院ください。


最後までお読みいただき、
ありがとうございます。
水谷真梨でした。

2018129154228.jpeg

ケースバイケース


こんばんは。
12月になりましたね。
今年もあとわずかですが、
よろしくお願い致します。
体調管理には充分気をつけましょう!!!


さて、先日こんな患者さんが
いらっしゃいました。


ハンドボールのプレー中に、
シュートをしようと踏み込んだときに
大腿部を痛めて、来院された患者さんです。

来院当初は、歩くのも痛く
椅子から立ち上がるだけでも痛みがでる。
といった状態でした。


状態をチェックさせていただいたところ
筋肉の断裂はなく、
急激に踏ん張って止まったことで
筋肉が過緊張を起こしている状態でした。


そこで、当院の最新物療機器
立体動体波を使用させていただき、
更に筋肉をサポートするために
テーピングの処置もさせていただきました。
帰りは歩くのも痛くないといった状態でしたが、
お家では患部の状態がこの場合であればこの処置を。と
いくつか指導させていただきました。


3日後には大会を控えていた患者さん
でしたが、次の日には痛みはかなりなくなり
2日後には全力ダッシュも痛くない。というところまで
回復することが出来ました。


当院では、
患者さんお一人お一人に合った
施術方法、物療機器選択、運動指示、セルフケア方法
なとを考えさせていただいております。


困ったことがあれば
是非ご来院ください。
最後までお読みいただきありがとうございます。
水谷真梨でした。


2018122214931.jpeg

説明

こんばんは。
3連休、最終日ですね。
皆様はどんなお休みの過ごし方をされましたか。


天気の良い日が多かったので
お出かけされた方や
お祝い事があった方もおおかったのでは
ないでしょうか(^_^)

さて、今日はこんなお話をさせていただきたいと
思います。
先日、こんな患者さんがいらっしゃいました。

バレエのレッスン中に足首を捻り
来院された患者さんのお話です。

幸い腫れは内出血は出ておらず
歩く痛みもそれ程でもないですが
やはりスポーツは別です。
更に踊りの振り付け的に、
捻ってしまった足に負担がかかるとのことで
テーピング指導をさせていただきました。


しかし、テーピングをしているから
安心です。と言うわけではありません。
当然捻った関節には負担がかかります。
もっと酷く受傷するリスクもあります。

更にテーピングで固めて使うということは
どういうことだか想像つきますか?

普段動くはずの関節を
動かないように、動きにくいように
制限をかけています。
しかしなるべく普段通りの動きをします。


足関節付近の筋肉、関節はもちろん
背中や腰、腕で変にバランスをとるかも
しれませんよね?

もしくは、バランス
崩れてるかもしれませんよね?

当院では、
そういったリスクも全て説明させていただき
テーピング指導をさせていただいております。

更に新たにどんな部分がどう痛くなりやすいか
そうなった場合はどうするのが最適か
一緒に考えながら、答えを出して行きたいと思っています。

時にはスポーツを中止せざる終えないときも
もちろんあります。
しかし、ただだめです。と頭ごなしには言いません。
動きたい。休みたくない。その気持ちはすごくよく
分かります。
しかし早く復帰するために、怪我のない身体作りのために
常にそれだけは忘れずに過ごしましょう。


かなり、
寒くなってきました。
準備運動はもちろんしてますよね?

終わった後のケア、
もちろんしてますよね?(^_^)


なにかお困りのことがあれば
いつでもどんなこともご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございます。
水谷真梨でした。

20181125225255.jpeg

風門(ふうもん)


こんばんは。
やはり、11月も中旬になると
冷えてきますね。
急な気温変化に体調を崩される方も
いらっしゃるかと思います。

そんな時には、
無理をせず早めに体を休めて
あげましょう。(^_^)


更に、風門 (ふうもん)と
呼ばれるツボもおススメです。
東洋医学では、風邪はここから入ってくると
言われています。

さて、どこにあるかと言うと‥
首の後ろに1番出っ張った骨を探して下さい。
分かりにくい方は、これかなーと思った骨を
触りながら首を左右に回旋させてください。

その時に触ってる骨が
動いているような感覚があれば辺りです!
無ければその上下の骨を触りながら
見つけて見て下さい。


出っ張った骨が見つかったら、
そこから2個の骨分、下に下がります。
そして下がった骨と、肩甲骨の内側の骨の半分のところ
そこが、風門穴となります。

分かりにくければ、
2個分下がった骨の約指1本半分隣です。
左右あります。
そこを温めるのが1番効果的です。
お風呂でもいいです。
湯船に浸からない方は、
ドライヤーを当てるという選択肢もあります。
あったかいペットボトルを当ててもいいですね。


ドライヤーや、ペットボトルを当てる方は
熱いと思ったら離してください。
そしてそれをなるべく多く繰り返せると
いいです(^_^)

是非、参考にしてみてください。
最後までお読みいただきありがとうございます。
水谷真梨でした。


2018111822645.jpeg

応急処置


こんばんは。
最近天気が崩れていましたが
今日はいいお天気でしたね。
11月にしては暖かくて、
お出かけされた方も多いのではないでしょうか(^_^)


さて、今日はこんなお話をしたいと思います。


皆さんはどんな痛みが出たら
病院 または 接骨院に行こう!と、
おもいますか?

腫れや内出血が出てからですか?
痛みが2日〜3日続いてからですか?
または1週間、2週間続いてからですか?

すごく悩むところですよね。
ほっとけば治るかもしれない。
そう考える方もいらっしゃると思います。
または、行きたいけれど時間が作れない。
ありますよね。色々やる事ありますよね。
お忙しいですよね。


では、
時間がない。治るかもしれない。
そう思ったとき、何をしますか?


アイシング
してますか?(^_^)
湿布しました。とよく聞きます。
実は湿布は表面の皮膚は冷えていますが
内面の傷ついた組織には行き渡ってないことが
ほとんどです。
冷たい感じがするのは、メントールの成分があるものの
ためです。
内面を冷やすには、ビニール袋や氷嚢に氷を入れて
15分〜20分冷やしてください。

冷やす事で、
一時的に血流を止めます。
血流を止める事で、身体の内部の炎症物質が
流れることも止めます。
炎症物質が流れなければ、
腫れや内出血が最小限抑えられます。
最小限に抑えられると、治りが早くなります。

アイシングしよう!って
思いましたか?(^_^)
あくまで、応急処置です。
時間があるのであれば当院に来てください(^_^)
必要な処置。
早期回復の為の手助け。
精一杯させていただきます。

長くなってしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございます。
水谷真梨でした。
食欲の秋ですよね。

20181111214620.jpeg