ホーム>スタッフブログ>エコルスタはり・きゅう整骨院のブログ>コーレス骨折(若木骨折)酸素カプセル療法の症例①|市川市南行徳エコルスタ整骨院
エコルスタはり・きゅう整骨院のブログ

コーレス骨折(若木骨折)酸素カプセル療法の症例①|市川市南行徳エコルスタ整骨院

酸素カプセル症例

小学生高学年 男子
スポーツにおいて転倒しそうになり
手を突き受傷

 

コーレス骨折(若木骨折)の早期回復はエコルスタ整骨院の酸素カプセル療法.jpg

他院より転院の為、受傷後1週間後の写真。
左の画像のように、背側(手の甲)側へ転位しております。

※この時点ではギプスを巻かれていた事により整復はしていない

右の画像は2本の骨の内、右側(橈骨)の骨折部を表しております。
 

 1~2週間目は週2~3日酸素カプセル療法にて施術

 

エコルスタ整骨院の酸素カプセル療法コーレス骨折(若木骨折)早期回復2.jpg

受傷後3週間目

ギプスをシーネ固定に変更した際、軽く整復操作を施行。
背側転位もほぼ水平に。

腫れや内出血はほぼなし。
手指の関節拘縮は出ないよう同時にリハビリも施行

軽い運動も再開。
ウォーキング、基礎練習

 受傷後4週目にて固定除去

4週目よりジョギングや動きを入れたトレーニング開始

市川市南行徳・行徳・浦安・新浦安のエコルスタ整骨院酸素カプセル療法③.jpg

受傷後5週目

4週目にて固定は除去。
バンデージ固定に変更。手関節の曲げ伸ばしのリハビリも開始。

5週目には回内・回外(回転)運動もほぼ問題なし。
最大掌屈、回外のみやや制限あり

軽めの対人関係のトレーニングも再開。
(ミニゲームなど)

 

固定中もリハビリとして手指の運動や
手関節の軽い運動
(骨が転位しないようにサポートしながら)を
行っていた為、最低限の拘縮で済みました。

また、競技復帰も
さほど休む事無く復帰できております。

当院には早期競技復帰の為に
心配機能を低下させないよう
エアロバイクやトレッドミルを
完備しております。
可能であれば、競技場へ
行かなくても、当院で
リハビリも行っております。

スポーツ障害専門治療はお任せください


 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.ekolustar.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/20