ホーム>整体院と整骨院の違い

整体院と整骨院の違い

身体に不調を感じたらどこに行ったら良いのでしょうか

身体に不調を感じたらどこに行ったら良いのでしょうか

街中にはマッサージの施術をうたったお店が多くあります。安く手軽なことで人気があるようですが、そのようなところでますます具合が悪くなった、という方も少なからずいるようです。たとえば肩こりと一口にいっても、いろいろな原因があるので、手軽なマッサージで済む場合と、専門的に診てもらった方がいい場合があります。

なにか身体に不調があったとき、頼りになるのが接骨院や整骨院です。どちらも、身体の関節を整えたり身体をほぐしたりするなどの施術をしてくれるところというイメージですではないでしょうか。しかし整体院と整骨院の違いについてよくわからないと言う方も多いと思います。ここでは整体院と整骨院の違いをご紹介します。

肩こり、交通事故によるむち打ちなどの痛みや不調を治療する機関は様々あります。
まず、事故を起こした際にまず行くべきところは整形外科です。事故の場合、整形外科で診断書を書いてもらわないと保険がおりないことがあるので、自身で異常を感じなくともまずは病院を訪れてください。また他で治療する場合でも、整形外科で正しい診断があると助けになりますので、まずは病院で診断を受けることをお勧めします。

ここでご紹介する整体院や整骨院の他にも、カイロプラクティックやマッサージ、鍼灸などもあります、症状に応じて治療機関を選ぶことで効果的に治療できます。

治療のためのいろいろな機関

治療のためのいろいろな機関

肩がこる、腰が痛いといった症状があるときにはマッサージへ行く方も多いと思いますが、マッサージは国家資格がある治療院と、資格のないマッサージ店に分けられます。国家資格のないマッサージ店には様々なものがありますが、代表的なもので整体院、リフレクソロジー(反射療法)などもその中に入ります。

国家資格のあるマッサージの治療院は鍼灸マッサージという看板をあげているところが多いです。
また、按摩マッサージ指圧師も同じ国家資格です。

 

カイロプラティックと整体院の違いは?

カイロプラティック

整体は東洋医学にもとづいたもので、カイロプラティックは西洋医学にもとづいた治療(バキっと関節などへアプローチする方法)、とされています。どちらがいいかというのは施術者や症状にもよるのではっきりとはいえませんが、整体もカイロプラティックも学校で一緒に教えているなど、明確に区別されていないこともあるようです。

 

整体院と整骨院の違いは?

整体院と整骨院の違いは?

様々な治療法が渾然一体となった日本の治療機関ですが、代表的な治療機関として、整体院と整骨院があげられます。
整体院と整骨院、名前がよく似ているので、混同されがちなのですが、実はいろいろな違いがあります。両方の違いを覚えておけば、いざというときどちらの扉をたたけばいいのか助けになるでしょう。

 

整体院とは

整体院とは?

整体院のイメージはなんとなく、身体をほぐしてくれるところ、というようなイメージがあるかと思います。
それはある程度当たっていますが、意外にもその守備範囲は広いです。

治療師の資格

整体院のセラピストには資格が不要です。そのため、極端に言うと「今日から整体院のセラピストになる」といえばなれます。もっともそのような整体院はありえませんので、民間の整体師の専門学校のようなところで民間資格を取るのがポピュラーな形です。気になる方は、資格の有無を聞いておくのもいいかもしれません。

保険適用

整体院では保険は適用できません。国家資格がないので、民間療法のような位置付けになります。

扱う治療

関節の運動、ストレッチ、矯正や、テーピング固定、マッサージ的な手技などの処理が主な治療法です。リラクゼーションの器具でアプローチすることもあります。
整体院では脊椎、骨盤、肩甲骨、四肢などの関節に対する施術を受けられます。整体の技術で緩やかな骨や関節のゆがみやズレを直し、血液やリンパ液の流れを良くし、身体全体のバランスを整えます。薬など使わず、人間の自然治癒力を高める、といった施術です。様々な技術や流派があり、これが整体といえる形がはっきりないのが実情です。

しかしその分、いろいろな施術法の研究もされているのも特徴といえるかもしれません。国家資格ではないことも、規制に縛られず、自由に患者にあった技術を施すことができる点です。

整骨院とは

整骨院とは

整骨院と接骨院の違いは?という方もいるかもしれませんが、業務内容は同じで、柔道整復師が施術を行います。
骨、という字が入ることでなにか骨をポキポキ動かす、というイメージがあるかもしれません。
実は整体院ととても近いところもあります。

 

治療師の資格

整骨院の施術には柔道整復師という国家資格が必要です。これは国が認めた資格で、3年間専門学校もしくは4年制の大学で勉強したのち、厚生労働省が指定する試験に合格しなければ柔道整復師を名乗ることができません。

保険適用

国家資格を取得している接骨院では保険が適用されます。健康保険の他に労働災害保険、自賠責保険なども適用できます。しかし、保険が適用できるのは、原因や負傷日などがはっきりしている骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉離れです。

疲労や慢性的な不調に対しては保険適用対象外となります。すべての手技療法に保険がきくわけではないので、施術前に確認しておきましょう。

扱う治療

関節の運動、ストレッチ、矯正や、テーピング固定、マッサージ、脱臼・捻挫などの処理が主な治療法です。電気治療や温熱療法をほどこすこともあります。
整骨院では主に骨、関節、筋、靭帯などの骨折、捻挫、打撲を「非観血的療法」という技術を使います。
その技術は整体師と似ているところもあります。

しかし、脱臼や捻挫を治療したり、ずれた骨などを適切な場所に戻したりするなどの技術は法的にも医師の他、整骨院の方のみしか行えません。交通事故などでむち打ちになった、スポーツで骨折した、などの場合は病院、整骨院しか専門的な治療を受けることができません。
このような医療行為を受けることができるのが整骨院の特徴です。一方、慢性的な肩こりや腰痛などで通う場合は保険がきかないのでご用心ください。二週間ほど通っても改善が見られない場合は、医師による精密検査を受けることをお勧めします。

まとめ

整体院と整骨院の違い

整体院と整骨院の違いについてご理解されたでしょうか。
最大の違いは柔道整復師という国家資格の有無ですね。
実際には整骨院でも整体メニューを行っていることがほとんどですので、基本的には人体に精通した専門家に施術をしてもらえる整骨院を選ぶ方が安心できるのではないでしょうか。